リフォームを知る

リフォームとリノーベションの違い

いったい何が違うのでしょうか?
現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。

リフォームの魅力

今ある暮らしがスタート地点です。
リフォームは、生活する上での良い部分は残し、不満や悩みがあればリフォームで解決する。そうすれば、生活は今よりももっと便利で快適なものになります。
家計にもやさしいリフォーム
リフォームは大規模でない限り建て替えよりコストがかかりません。その分、浮いたお金でキッチンや浴室など設備をグレードアップが可能です。住み慣れた家をベースにより良い暮らしをリフォームで実現しましょう。
環境に配慮したリフォーム
省エネに配慮した、最新の住宅設備は環境にやさしいだけではなくランニングコストも抑えてくれます。

リノベーションの魅力

自分らしいこだわり空間を
手に入れること
自分のための間取りやデザインに自由に改装できるのがリノベーションの最大の特長です。
新築購入に比べリーズナブル
築年数を経た中古物件を安く購入してリノベーションすれば、新築購入に比べリーズナブルで、しかも思い通りの住まいを実現できる…、これもリノベーションの大きな魅力のひとつです。

住まいの吉泰が考えるリフォーム・リノベーションとは?

「住まいの改修」として
最もよく使われる「リフォーム」
古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすること。「住まいの改修」全般を表す言葉として最もよく使われています。ちょっとしたクロスの張り替えや、古くなった設備の取替えから大がかりな改修や増築まで何でも「リフォーム」と呼ばれています。老朽化したものを新築の状態に戻すということが魅力のひとつではないでしょうか。
中古住宅に、新たな価値を生み出す
「リノベーション」
リノベーションとは、中古住宅を新たな考え方や付加価値を付け、現在のライフスタイルに合った住まいに、甦らせることをいいます。建物の経年にともない時代に合わなくなった機能や性能、間取りを改修する事で、快適な暮らしを実現する住まいに再生します。また、中古住宅でも、使われていた素材や構造、匠の仕事など「残す」を前提とする事で、新築では造ることのできない味わいある住まいになります。住まいの吉泰のリノベーションは古い物を活かしながら、新しい物や考えを取り入れる事で、みなさんの豊かな暮らしを共に創りあげていきます。住まいの事なら、ちょっとした修繕から大規模な修繕工事まで住まいの吉泰になんでもお任せください。